月と星

エロゲヲタ雑記

お家に帰るまでがましまろです

トリノライン レビュー 

nihi.jpg

更新

今日は先月末発売のminoriの最新作、トリノラインのレビュー記事です。


実はminoriの作品は割と買ってたりします。
夏ペル以降だと、12月のイヴってやつだけは買ってないですが、
それ以外は多分買ってると思います(見逃してなければ)

本作は発表の時から主に原画がキャッチな感じでしたので、期待していました。

170405.jpg
(めっちゃ居酒屋の画像でスミマセン)

それでは。ニヒッ




つづき(ネタバレも含む可能性があります)
つづき
シナリオは3人。サブキャラの攻略はなく、TRUEやBADなどもありません。

また、ここのメーカーらしいですが、
1周目は「シロネ」or「夕梨」を攻略可能です。
2周目は1周目で選択しなかったルートに選択肢無しで自動で入ります。
3周目以降で沙羅が攻略可能になります。


■プレイ前に
・体験版のセーブデータが残っていればその続きから本編を始めることも出来ます
(変わったところはほぼ無さそうでしたが、一応自分は斜め読み気味でもう一回やりました)

・グラフィック、サウンド、ムービー鑑賞はいつも通り、すべて完走しないと閲覧不可です。
(ここのはムラっと度が高めなので、完走しきる自信がなかったらセーブをマメに)

・逆にシーン鑑賞は何も攻略していなくても最初から全開放可能です。
(シーンCGを初見で見る感動というものが自分にはあるので、あまり推奨はしませんが・・・)


ルートそれぞれの時間は
共通 2.5h
シロネ 3h
夕梨 3.5h
沙羅 3.5h
計13h

分量的には少し短めでしょうか。
一人一人の個別は短くはないですが、
サブとかTRUEみたいな構成でもないので自ずと、といった具合になってます。

あまり変わらないと思いますが、シロネは他よりも短かったかな?という印象があります。


■共通
幼く妹を亡くした主人公が妹そっくりでその記憶をもった
人間に近いアンドロイドであるトリノとの生活パートがメインです。

トリノとの出会いから、その生活描写、
周りとの関係とトリノ自身の変化を描いていますね。


「アンドロイドである」ということやその事に対する人間の機微
といったものがテーマになっています。


個人的には母親との描写とか、トリノ(シロネ)の変化とか、
主人公の気持ちとか、共通ではそんなに上手くハマらなかったので、
悪くは無かったけど…くらいの印象です。各個別のほうが好きです。


あとこれは全体的に言えることですが、
モノローグとか会話劇が中心で進むので少し淡々としてますね。
物語のどのあたりを読んでいるのか掴みづらいです。

逆に言うと展開より、そういったテキストを読ませること中心で進みます。
この点は合う人合わない人が割れる点ではないかなと。
そういった点もこのメーカーの色だとは思います。


体験版パート後、主人公は事故が原因で記憶を無くします。
その後の生活をちょろっと描写して共通は終わりですね。
1周目では選択肢が表示されて分岐します。

沙羅ルートではそれよりも前に分岐しますので、記憶を無くしません。


■シロネ
最初にやりました。


共通後、記憶のない主人公とシロネの生活からはじまり、
死ぬことのないトリノと寄り添う方法、
人間の生きることへの価値観、アンドロイドの価値観といった内容がメインです。
テーマは死生観といったところでしょうか。


シロネルートはBADとは言わないですが、滅びの美学といった具合で、
結末は大分カタルシスを感じるようなものに仕上がっています。
よくあるハッピーエンドの形に持っていかなかったところは驚きました。

本作の設定とそれに生じる問題をドラマチックに描いてますので、
読破感もあり、良かったと思ってます。
今時この手のシナリオに持っていける人はなかなか見ないです。


キャラとしては自分は平気でしたが、癇に障る人もいるかも、と思いました。
シナリオは良かったですが、掛け合いは少々弱いかな?と。
共通で1シーンあるので、シロネだけ5回シーンがあります。

自分は店舗特典はシロネなのですが、本作は大分悩みました。
最終的には特典としての意味なら夕梨か沙羅が良かったな、とは思ってます。
(というか、正直に言うとトリノEDITIONが欲しかった)


■夕梨
2番目にやりました。

共通後、夕梨に面倒を見てもらい、それを通して夕梨の境遇を知ります。
こちらも人が生きることとは何かを描いた内容になってます。
トリノは登場はしますが、トリノ自体が主体になる話ではありません。


夕梨ルートは紆余曲折しながらもハッピーエンドになってます。
テーマに沿って会話や登場人物たちの機微が分かりやすく描かれていますので、
本作の中で1番無難かつ、こちらも良いシナリオという印象です。

ただちょっと本ルートは主人公がやらかしてますかね。
このルートは主人公がクソと感じる人がいてもまあおかしくないです。


キャラとしては第1印象のビジュアルは勿論のこと、
キャラクター性とかも強いですね。明るく表情豊かです。ニヒヒッ。
他のルートだと完全に蚊帳の外なので1番不遇でもあるかな、と思います…。


個人的にはAmazonの店舗特典の絵柄でタペで出して欲しかったです。


■沙羅
3番目にやりました。といっても3番目固定ですが。

沙羅ルートだけは主人公は記憶を無くしません。その前に分岐します。

トリノの開発に触れ、トリノが目指すところを中心に進行し、
それに付随して沙羅の内面や人間の価値観といったものを描きます。


本ルートも無難といえば無難なのですが、
やってる最中は先が読めなかったので、結末が楽しみでした。
(ちょっと絡んでくるのが分かりやすい悪役すぎるかなと思ってましたが)


「人間は死ぬから人間」とか、「適当さ、愚かさがあって人間」とか
本作はこれが根幹で各ルートがあったんだなぁと思わせてくれる結末だったので
個人的には満足です。

なんかサブキャラの影の描写はツッコミたくなりましたけどね。
ルート初っ端に描写いれたはいいが、特に何もしてないやん、と。


作品全体に言えますが、こうして文章にすると、
ちょっと哲学的すぎるというか、「くさいなー」とは感じますけどね。
それも含めて良いものに仕上がっていると思います。


キャラとしては、もう絵と声と性格からして
このメーカーを具現化したみたいなキャラですね。好きです。
Gカップらしいですが…、これでそれとはminoriの世界はスゴイなぁ、と。


■グラフィック
割とメイン以外は原画は入れ替わってる印象のあるminoriですが、
本作は発売前の人気から見ても大分当たってるのではないでしょうか。
分かりやすくかわいいです。

塗りやここ特有の演出(動き)は相変わらず業界最高峰レベルかなと。


夏ペル以降、貧乳キャラというものを見た記憶がまるで無いですが、
とても良いと思います。
本作はシナリオも良かったけど、ムラムラ具合も相変わらず高かったです。

シーン数はシロネ5、夕梨4、沙羅4です。
みんな良かったですが…特に良かったのは沙羅ですかね。個人的には。
サブキャラも1ぐらいなんかあるかな?と思ってたのですが、無かったですね。


欲を言えば共通や日常パートにもうちょいエッチ要素が欲しかった気がします。
それにしても相変わらずここは外でいきなり全裸になるのが好きですね…(褒め)

このあたりは完全に売りと化しているので変わることはないと思いますが、
次回作も期待してます。


■サウンド
minoriの出す作品の性質上、仕方のないことなのですが、
悪くは無いんだけど、特に刺さるものはなかったという印象です。

多分本当に追ってるファンなら良さが分かるのでしょうが…、
すぐにこれ名BGMだ、となるキャッチなものはない印象です。


ムービーは頑張ってはいますね。3Dとかも今回は使っているようです。

ただ、新海氏がいた時のアニメーションの全盛を知っていると
背景の綺麗さは勿論のこと、動き、視点、OP映像としての演出、
あのあたりはあっちのほうが圧倒的だったかなと思います。


■総評
今年で初めて当たったかなと言える作品でした。
(まあ今年に入っての新作がどちらかというとマイナス方向すぎるのですが)

作品を一貫してテーマが分かりやすく書かれていましたし、
それぞれの話も色があって良かったです。

ビジュアル面やゲームとしての品質も高かったのでその点もさすがです。


強いて言うなら、
本メーカーの作品は物語をテキスト、会話、演出で描き、
特別凝った設定や誰もが面白いと思う新しい話にはなっていないので、、
合う人と合わない人は割れるタイプかなと思います。

「なんとなくそれっぽいことを面白そうにクサく書いてるだけ」
と感じる人も確実にいると思います。


あとはそれぞれの会話で話が次第に進み、最終的な目標などが見えづらいため、
起承転結が分かりづらく、あまり起伏を感じられないのかなと思います。
物語のどのあたりを読んでいてどこを目指しているのか、分かりづらいです。

上記を退屈と捉える人もいれば、これがここの良さ、と捉える人もいそうです。


個人的には今時こんなん書くメーカーはあまり無いので頑張って欲しいです。
今回のまとまり方と各個別は自分は満足しています。
次回作、またしばらく空くかもしれませんが期待しています。

(それにしてもminoriは相変わらず物販系のイベントがエグいですね)





結構予定があり週末はあまりやってなかったのですが、見事に終わってしまいました。

先月の新作も他に買ってないので、昔のやつをやろうかなと、
最近出たユニゾンシフトブロッサムのレイライン三部作を注文しました。

今月楽しみにしていたニューリンも延期してしまい、
他には9nineくらいしか買わないかなと思っているので、じっくりやります。

もうすぐGWなので、こちらも、遊びも充実すると良いなと思ってます。

category: アニメ・ゲーム

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://orchidofmoon.blog90.fc2.com/tb.php/651-2f4eb36e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンク